前へ
次へ

医療経験者とのつながりを大切にしよう

近年は医療の技術が進歩し、高度な医療サービスを受けることができるようになりました。
難病とされていた病気についても高度医療によって治療ができるようになったのも現代医療の大きな特徴と言えます。
難病のような大きな病気になったとき、大切なことは仲間を作るということです。
多くの場合、難病は治療に長期間を要し、体力的にも精神的にも大きな戦いを強いられることとなります。
医師とのコミュニケーションも重要ですが、同じ境遇をしている患者とのつながりを持つことも、また大切となります。
同じ仲間からは治療にあたっての有効な情報が入手できるだけでなく、様々な悩みや不安について話を聞いてくれます。
何よりも一人ではないという安心感を与えてくれるので、医療経験者といった仲間を作ることはとても大切なこととなります。
幸い日本では病名ごとに支援・サポート団体が多くありますので、そうした団体に加入することも良い方法と言えます。
仲間を増やしたことで難病に打ち勝ったという話はこれまで多く寄せられていますので、是非とも一人ではなく仲間を増やしていきたいものです。

Page Top